アクセスはこちら
top image
top image

マスダNow!

「タリスカー 41年」入荷

「タリスカー 41年」入荷

2021年02月24日 17:56 [マスター]

スコットランド・スカイ島でもっとも歴史ある蒸留所「タリスカー」
1830年創業のタリスカーは、 20世紀に入るまでほぼすべての原酒をシェリー樽で熟成していました。そのオマージュとして誕生したのがタリスカー ボデガ シリーズです。
その41年はオフィシャルボトルでもっとも長い熟成を誇ります。通常の樽熟成後に別の樽に移し替えて短期間熟成する製法
「タリスカー 41年」は、タリスカーの取引記録に残る最古のボデガのひとつ「デルガド・スレタ」で 41年間シェリーの熟成に使われた特別な樽を使用。1978年に蒸留された41年もののタリスカーにカスクフィニッシュを施し、素晴らしく丸みのある芳醇な味わいに仕上がっています。

特別なのはその製法だけではありません。「タリスカー 41年」のボックス、なんとシェリー樽が再利用されているのです。

1Glass(30ml) ¥55,000.
1Bottle(700ml) ¥1,100,000.

マスダNow! №116.